NTTドコモは、SMBC日興証券とのFinTech分野での協業の一環として、初心者向けの株式投資サービス「日興フロッギー+ docomo」を3月24日16時に開始した。

dアカウント連携でdポイントを購入代金に充当できる

 SMBC日興証券が提供する記事から株が買えるサービス「日興フロッギー」をベースに、たまったdポイントで「学びながら気になった株を100円(100ポイント)からすぐ買える」という新しい投資スタイルを提案する。

 現金での投資はハードルが高いと感じるdアカウント保有者をターゲットに据える。購入可能な株式は、日興フロッギーと同じ約3700銘柄の国内株式・ETF(上場投資信託)で、最低100円から100円単位で現金での投資も可能。

 なお、利用にあたり、SMBC日興証券で総合証券口座(ダイレクトコース)を開設したうえで、証券口座とdアカウントを連携する必要がある。口座開設にかかる日数は申し込みから最短4営業日。
 
手数料一覧

 同時に、SMBC日興証券は証券会社初のdポイントクラブ加盟店となり、「日興フロッギー+ docomo」のスタートを記念した二つのキャンペーン、「dポイント総額300万ポイント山分けキャンペーン」「dアカウント連携キャンペーン」を実施する。

 dアカウントを連携すると「日興フロッギー+ docomo」やSMBC日興証券の「ダイレクトコース」での株式取引に応じてdポイントがたまる。日興フロッギー+ docomoの取引に対するポイント進呈率は、売買約定金額(月間合計)の500円につき1ポイント。

 ドコモとSMBC日興証券は、今後も、ドコモの保有する顧客基盤や各種サービスとSMBC日興証券が提供する証券・資産運用サービスとの連携によるシナジーの創出について、引き続き両社で検討していく。
 
「日興フロッギー+ docomo」のスタートを記念して、
SMBC日興証券がキャンペーンを実施する

 ポイント投資は、含み損が発生した場合に、最初に投じたポイント以上には損しないメリットがある。対して現金で投資した場合、含み損はそのまま損失となる。楽天証券は、取引内容に応じて楽天スーパーポイントがたまるハッピープログラムを展開しており、ポイントがたまる・使える投資サービスでは一歩先行している。(BCN・嵯峨野 芙美)