カシオ計算機(カシオ)は、“Speed and Intelligence”がコンセプトの高機能メタルウオッチ「EDIFICE(エディフィス)」から、ブランド発売20周年を祝した「Honda Racing(ホンダ・レーシング)」とのコラボレーションモデル「ECB-10HR」を4月24日に発売する。価格は3万8500円。

ECB-10HR

 Honda Racingは、本田技研工業が世界で展開するモータースポーツ活動の総称。カシオ計算機がサポートしているF1チーム「Scuderia AlphaTauri」に、18年からパワーユニットを供給していることでも注目を集めている。Honda RacingとEDIFICEは、ともに高度な技術を駆使し、ジャパンブランドとしての誇りを持って世界へ挑戦し続ける姿勢が相通じることからコラボレーションをスタート。今回、3度目の共同制作としてECB-10HRを開発した。

 ECB-10HRは、Scuderia AlphaTauriをレースの現場で支えるHonda F1クルーのユニフォームカラーであるブラックとレッドをベースに、EDIFICEの20周年を祝したゴールドを印象的にあしらっている。

 モータースポーツと親和性の高いカーボン素材を採用した文字板やケースはブラックを基調とし、Honda Racingのロゴや本革バンド、20周年にちなんだベゼルの「20」をレッドでカラーリングした。また、EDIFICEのロゴやベゼルの内周、インダイヤルの小針は祝賀の意を表すゴールドで彩っている。

 ベースモデルには、Scuderia AlphaTauriへのヒアリングをもとに開発した機能を備えたECB-10を採用。「Honda」のロゴを時計や専用パッケージの随所に配し、裏蓋には「20th Anniversary EDIFICE」と刻印した。Honda Racingの世界観とEDIFICE20周年の祝賀のメッセージが込められたスペシャルなモデルとなっている。