カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の新製品として、三つ並んだ丸型のインジケーターを備え、“三つ目”の愛称で親しまれてきた「6900」シリーズ初となるメタルベゼル採用モデル「GM-6900」(3モデル)を2月14日に発売する。

GM-6900

 6900シリーズは、95年2月の「DW-6900-1V」発売以来、数々のファッションブランドとのコラボレーションモデルのベースとして用いられるなど、ストリートシーンで高い人気を得ており、今年で発売25周年を迎える。今回の新モデルは、6900シリーズで初めてメタルベゼルを採用。6900シリーズのベゼルは、凹凸の多い複雑な形状だが、GM-6900では、約20もの鍛造工程と数回の切削・研磨で繰り返し形状を整え、その特徴的なフォルムをメタルで実現した。

 さらに、輝きを際立たせるミラー仕上げとマットなヘアライン仕上げを組み合わせ、メタル素材特有の美しさを最大限に生かしている。加えて、ブラックやレッドのバンドカラーのラインアップをそろえ、武骨な形状をカラーリングでも引き立たせた。

 なお、6900シリーズの発売25周年を記念した「DW-6900SP」(2モデル)も発売する。同製品は、角度によって見える色が変化するグラデーションカラーのフェイスに、ブルー・グリーン・ピンクの三つ目のインジケーターを備え、カラフルなモデルに仕上げた。さらに、デジタル表示部分には、25周年を表すモノグラムを背面にあしらった特別モデルとなっている。

 価格は、GM-6900が2万5300円、GM-6900Bが2万8600円、GM-6900Gが2万8600円。DW-6900SP-1が1万5400円、DW-6900SP-7が1万5400円。