樫尾俊雄記念財団が運営する樫尾俊雄発明記念館は、小学生(個人・グループ)を対象とした「第2回 樫尾俊雄 発明アイディア コンテスト」を開催。最優秀賞である「樫尾俊雄賞」は、静岡県磐田市立磐田西小学校の佐藤迪洋さん・知海さんが受賞した。

樫尾俊雄記念財団の樫尾隆司理事長(左)と、
「樫尾俊雄賞」を受賞した佐藤迪洋さん・知海さん

 コンテストは、「人の役に立つもの」「日常生活に便利なもの」「未来の世界であったらいいなと思うもの」の3つをテーマに募集し、4月17日~9月20日の期間に全国の小学生から575作品の応募があった。11月17日に、東京都足立区の東京電機大学カシオホールで行った決勝大会には、全応募作品の中から第1次・第2次審査で選出された優秀者10組11名が参加し、それぞれのアイデアについて発表した。

 最優秀賞である「樫尾俊雄賞」に輝いた佐藤迪洋さん・知海さんの作品「日本の文化と伝とうを守る『スーパー瓦』」は、「未来の世界であったらいいなと思うもの」をテーマにした、日本中の重要文化財を守るためのアイデア。二人は「このアイデアがもっと前にあれば、火事を防げたかなと思います」とコメントした。

優秀賞である「発明記念館賞」は山田耕司郎さん(東京都練馬区光が丘夏の雲小学校)による「空でのうぎょうたべものづくり」、「発明アイディア奨励賞」は小林拓眞さん(長崎県長崎大学教育学部附属小学校)による「しんかい れい水 せん風船 クジラゴー2019号」が受賞。そのほか、「審査員特別賞」には今井蓮さん(山梨県甲府市立朝日小学校)、横山令来さん(高知県南国市立久礼田小学校)、澁谷泰知さん(愛知県刈谷市立住吉小学校)が、「優良発明賞」には水谷総王さん(愛知県刈谷市立住吉小学校)、古川玲実さん(愛知県刈谷市立住吉小学校)、甲賀大智さん(静岡県静岡大学教育学部附属静岡小学校)、貝淵遥生さん(愛知県刈谷市立住吉小学校)が選ばれた。
 

 「樫尾俊雄 発明アイディア コンテスト」は、発明による社会貢献の喜びを次世代に伝えることを目的としたコンテスト。樫尾俊雄発明記念館では、子どもたちに故・樫尾俊雄氏の発明への志を伝えるべく、小学生を対象にした夏の特別展示や体験教室を開催しており、2017年からは発明のヒントや考え方などを学べるワークショップを全国の小学校で実施している。