クックパッドは、メトロコマースと共同で、スマートフォンから簡単に注文できる生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」で注文した商品を受け取れる生鮮宅配ボックス「マートステーション」を東京メトロ駅構内に設置する。

駅構内への導入は初

 2月27日から、東京メトロ半蔵門線大手町駅へ配送開始、それに先立ち、2月21日から注文を受け付ける。その後も設置箇所は順次拡大していく。新たな設置箇所についてはクックパッドマートアプリ内で順次告知する。
 
生鮮宅配ボックス「マートステーション」の駅構内の設置イメージ

 クックパッドマートは、まずはiOS向けアプリを公開し、9月20日から東急東横線・学芸大駅周辺からサービスを開始した。今はAndroidスマートフォンからも利用できる。

 購入した商品は、地域の店舗や施設に設置されたマートステーションへ配送され、注文者は好きな時間に立ち寄って受け取ることができる。送料はかからない。地下鉄駅構内にマートステーションがあれば、通勤・通学途中で利用が可能になり、利便性が高まる。鉄道会社側にとっては、他路線との差異化につながり、沿線価値が向上する。

 クックパッドマートでは、今後も各地域の店舗や施設とあわせ、鉄道駅やマンションなども含むあらゆる生活導線上へマートステーションの設置を進めていく。