楽天と西友は10月25日、両社が協働運営するネットスーパー「楽天西友ネットスーパー」事業をグランドオープンした。11月21日14時59分まで、グランドオープンを記念した3大キャンペーンも実施する。

「楽天西友ネットスーパー」のトップページ

 「楽天西友ネットスーパー」の取扱商品は、生鮮食品をはじめとする食品や日用品、カット野菜や半調理食品、ミールキットなどの簡便商品、「楽天市場」で人気のお取り寄せグルメ、農業サービス「Rakuten Ragri(ラグリ)」の有機野菜や有機野菜サラダなど、最大2万品目を取り揃える。ミールキットについては育児中の母親、父親を対象にした会員プログラム「楽天ママ割」との共同開発商品も用意する。

 入会費・年会費ともに無料。配送料は一定金額以上は無料、それ以下の場合は税込432円。「楽天ID」と連携可能で、楽天IDを持っているユーザーは登録済みの住所やクレジットカード情報などを利用してスムーズに利用できる。支払いはクレジットカード、代金引換(手数料として税込324円が必要)、電子マネー「楽天キャッシュ」、楽天スーパーポイント。なお、購入金額100円につき、楽天スーパーポイント1ポイントが付与され、ウォルマートカードでの支払いなら2%の優待割引が適用される。
 
特徴は「豊富な品揃え」「ニーズに応える十分な配送キャパシティ」「楽天IDとの連携」の3つ。
楽天スーパーポイントを貯めたり使ったりすることもできる

 展開エリアは、北海道、宮城県、福島県、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、長野県、愛知県、大阪府、京都府、滋賀県、兵庫県、福岡県、長崎県、熊本県の16都道府県で、注文した日から3日後までの10時~22時の6つの時間帯で、指定した時間帯に届ける。注文から最短4時間で配送可能で、15時までの注文なら当日に配送も可能。

 2018年1月に発表した、楽天と米ウォルマートが戦略的提携の一環となる新事業「楽天西友ネットスーパー」は、楽天が有する楽天ID数約9900万の強固や会員基盤やECの知見と、西友が実店舗で培ってきた生鮮食品の販売をはじめとするスーパーマーケット運営ノウハウといった、両社の強みを活用しながら協働で運営する。

 商品の配送は、西友の実店舗をはじめ、千葉県柏市のネットスーパー専用センター、都内数カ所の配送拠点から行う。専用センターには冷蔵・冷凍庫を完備し、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯で商品を保管する。

 また楽天は、独自の配送サービス「Rakuten-EXPRESS」の配送エリアを10月24日に拡大。従来の東京23区内と14市、千葉県4市、大阪府の一部地域に加えて、横浜市と川崎市の一部を追加した。

 新たに加わった配送エリアは、神奈川県横浜市鶴見区、神奈川区、南区、中区、西区、保土ヶ谷区、戸塚区、金沢区、港南区、磯子区、栄区、川崎市中原区、川崎区、幸区。