総合オンラインストアのAmazon.co.jpは4月21日、生鮮食品などを最短4時間で当日配送するAmazonプライム会員向けの新たなサービス「Amazonフレッシュ」を開始した。

201704241252_4.jpg
「Amazonフレッシュ」のトップページ

 「Amazonフレッシュ」では、野菜、果物、鮮魚、精肉、乳製品、飲料といった1万7000点以上の食料品に加え、キッチン用品、健康・美容用品、ベビー用品、ペット用品、日用品・雑貨など、合計で10万点以上を取り扱う。

 サービス開始当初の配送対象エリアは、東京都港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区。料金は税込で月額500円だが、Amazonプライム会員は、30日間、無料体験できる。

 配送料は、注文金額が6000円以上の場合は無料、6000円未満の場合は1回あたり500円。注文に際しては、配達可能な日付と8時~24時の時間帯を指定する。通常の購入とは異なり、先に配送枠を確保し、商品の注文を受け付ける仕組み。なお、Webサイトのほか、Amazonショッピングアプリからも利用できる。
 
201704241252_5.jpg
配送先住所と配送枠、配達希望時刻を選択してから、商品をカートに入れる。
注文ボタンのカラーは、フレッシュをイメージする「緑」

 「専門店グルメ」として、老舗の名店「人形町今半」の精肉、パティスリー モンシェールのロールケーキ「堂島ロール」など、専門店のこだわりの食品・食材も取り揃える。また、週2回、契約農園から仕入れた採れたての野菜や、その日の朝に加工した鮮魚などを販売する「新鮮市」を開催する。
 
201704241252_6.jpg
有名店と提携した独自の品揃えも特徴

 生鮮食品は、鮮度を逃がさない商品パッケージを採用し、食材ごとに最適な温度で管理して届ける。新鮮さや品質にこだわり、さらに、2時間ごとの時間帯指定による迅速で便利な配達サービスを確実に提供するため、まずは、限定したエリアで開始。準備が整い次第、対象エリアを拡大していく予定。

 Amazon.co.jpは2008年から食品の取り扱いを開始。15年9月には、日用品を必要な数だけ買い求め、まとめて一箱(AmazonパントリーBox)に詰めて届けるというコンセプトに基づき、「あわせ買い」対象の低価格商品や、通常は大量のセット・ケース単位でしか購入できない商品をバラで購入できる「Amazonパントリー」を開始した。

 「Amazonフレッシュ」は、米国シアトルでは10年前の07年に開始し、エリアの拡大を進めてきた。米国以外では、16年にロンドンの一部地域で開始した。新サービス「Amazonフレッシュ」によって、従来は、長期保存・常温保存が可能なものに限られていた「食品」の取り扱いの幅を広げ、同時に、有料のAmazonプライム会員の特典を増やし、囲い込みを強化する。