新型コロナウイルスの問い合わせに対応、LINE公式アカウント開設

サービス

2020/02/10 17:30

 LINEは2月7日、厚生労働省の要請を受け、新型コロナウイルスの発生状況や予防法などの情報を広く提供するため、「新型コロナウイルス感染症情報 厚生労働省」LINE公式アカウントを開設したと発表した。


 LINEでは、新型コロナウイルスの流行に伴い、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」で、日本全国の15~69歳の男女5233人を対象に新型コロナウイルスに関する調査を実施した。その結果、新型コロナウイルスについて知っていると回答した人のうち、日本国内での感染について「不安に感じている」が8割超にのぼることが分かった。

 また、「情報を自分から調べている」は約4割となり、日々変わる状況に対して、最新の情報を積極的に「知りたい」との意識が高い傾向がうかがえる結果となった。

 こうした状況の中、LINEは厚生労働省の要請を受け、新型コロナウイルスに関する情報を提供する公式アカウントを開設した。このLINE公式アカウントは、登録することで誰でも無料で利用することができる。

 アカウント登録者が入力した問い合わせに対し、AIチャットボットが応答し、新型コロナウイルスに関する概要や発生状況、予防法、相談を受けられる場所など必要な情報を提供する。AIチャットボットによって24時間必要な情報を提供することで、時間や場所に関係なく問い合わせができるようにしていく。

 公式アカウントを通して得られる回答のデータベースとなるFAQは、厚生労働省と共有した情報を元に構築している。このFAQは、新型コロナウイルスの発生状況にあわせて継続的に更新・追加を行い、最新の情報を提供できるよう、厚生労働省と各自治体の協力のもと運用していく予定。

 また、公式アカウントではLINEヘルスケアの提供によって実際に感染の疑いのある人などがすぐに医師に相談できるよう、メニューに「スマホでお医者さん相談」の項目を設け、2月10日から「LINEヘルスケア」と連携し、LINEで医師に相談できるオンライン健康相談サービスを無料で提供する予定。

 なお、公式アカウントに実装したAIチャットボットは、LINEが提供するAIソリューション「LINE BRAIN」の「LINE BRAIN CHATBOT」を採用し、無償で提供している。LINEは、今回の公式アカウントの運用を通してAIチャットボットの高度化を進め、よりニーズに即したシステムを提供できるよう取り組んでいく。

オススメの記事