ASUS JAPANは、Windows 10 Pro搭載モバイルノートPCとして、ボディのエッジ部分にラバー素材を使用することで優れた堅牢性を実現した「ASUS Laptop W202NA」と、約1kgの軽さとわずか16.9mmの薄さを実現した軽量スリムな「ASUS E203MA」の2製品を1月17日に発売した。

ASUS Laptop W202NA

 2製品ともに、操作性の良さとコンパクトさのバランスが良い、A4用紙よりも一回り小さなボディサイズを採用することで、持ち歩きしやすいモビリティと、快適な使い勝手を両立した。また、ASUS Laptop W202NAが約1.2kgの軽さと22.5mmの薄さを実現しており、ASUS E203MAがさらに軽量スリムな約1kgの軽さと16.9mmの薄さを実現している。薄くて軽いため、バッグなどに入れて気軽に持ち歩くことができる。

 OSには、どちらの製品にもWindows 10 Proを採用。高いセキュリティ機能に、リモートデスクトップへの対応や会社のドメインへの参加などを行うことができ、ビジネスをはじめとしたさまざまな用途に対応できる。

 省電力設計のためバッテリ駆動時間は、ASUS Laptop W202NAで約10.2時間、ASUS E203MAで約14.6時間の連続駆動が可能。コンセントがない場所や外出先での使用でも、ほぼ1日中バッテリだけで使うことができる。

 また、両製品ともディスプレイを180度まで開くことができるヒンジを採用し、机の上などでディスプレイを真上に向けることができる。キーボードは、キータッチにもこだわっており、ASUS Laptop W202NAでかなり深めの1.8mm、ASUS E203MAで1.6mmのキーストロークを確保した。しっかりとしたキータッチで、長時間の使用でもストレスなくキー入力を行うことができる。

 ASUS Laptop W202NAは、ボディのエッジ部分に衝撃を吸収するラバー素材を使用しており、落としたりぶつけたりといった日常生活での衝撃や振動に対して高い堅牢性を実現している。高さ約1.2mからの落下テストや耐衝撃テスト、耐振動テスト、対ねじりテストなどの厳しい堅牢性テストもクリアしており、通常のノートPCよりも壊れることを気にせずに使うことができる。

 さらに、防滴仕様のキーボードを搭載しているため、飲み物などがかかってしまうなど、万が一の時も安心して使用できる。

 税別価格は、ASUS Laptop W202NAが4万7800円、ASUS E203MAが4万4800円。なお、eMMC 64GBを搭載するASUS E203MA(型番はE203MA-FD017R)の発売に伴い、すでに発売済みの500GB HDD搭載モデルであるASUS E203MA(型番はE203MAH-FD005R)の価格を5万4800円から4万9800円に改定した。