電通とデータアーティスト、韓国Team Twelveは、AIを用いて、サッカーの試合中に勝敗をリアルタイム映像から予測するシステム「AI11(AI ELEVEN)」を開発、サービスの提供を12月25日に開始した。

「AI11(AI ELEVEN)」のサンプル画像​​
 
 AI11は、サッカーの新たな観戦体験と楽しみ方を提供するシステム。12月10~18日に韓国・釜山で開催されたサッカーの国際試合、EAFF E-1サッカー選手権2019大会で試験的に実装され、韓国や中国など、アジア各国のテレビ中継で展開された。

 システムでは、Team Twelve独自のプレー評価ロジックを軸に、過去のEAFF E-1選手権など、約480試合の試合データをディープラーニングで学習し、ボールや選手の動きなどから勝敗予測ロジックを構築。リアルタイムでの勝敗予測を実現し、試合と連動する形での観戦体験をテレビやウェブで提供した。

 今後は、コンテンツ配信企業などを通じてさまざまな大会にAI11を導入することで、サッカーの観戦体験価値のさらなる向上を目指していく。