10月11日に5000人のユーザーが抽選で確定した楽天モバイルの「無料サポータープログラム」。15日には、当選者に向けて「ご契約情報登録のご案内」というタイトルのメールが配信された。手続き期限は10月31日23時59分まで。実際に申し込んでみたので、手順と注意点を紹介したい。

10月15日に楽天モバイルが「無料サポータープログラム」の手続きを開始した。
登録手順と注意点を紹介する

 手続きは、配信されたメール下部の「登録に進む」をクリックして開始する。遷移した登録ページでメールに記載されていた14ケタのクーポンコードを入力すると、プラン選択とプログラム対象製品購入に移動する。

 選べるプランは一択。データ容量100GB無料+国内・国際通話無制限で0円のプランだ。基本は全てのユーザーで共通だが、通話とサービスのオプションは自分で選択する。通話の「留守番電話」「割込通話」「着信転送」などは無料なので、追加するとよいだろう。
 
選べるのは「データ容量100GB無料+国内・国際通話無制限で0円」のプラン一択
 
通話オプションはいずれも無料

 ちなみに、サービスのオプションは「スマホ遠隔サポート」「マカフィー モバイルセキュリティ Android版」「楽天モバイルWiFi by エコネクト」「i-フィルター for マルチデバイス」の4種類で、いずれも有料だ。
 
サービスのオプションはすべて有料となる

 記者は、登録時に「キャンペーン対象の端末を購入する」を選択していたので、次に製品購入の選択ページに移動した。一応、登録時に購入する端末を回答していたが、それとは関係なく一から選び直せる。一覧を確認してショックだったのが、狙っていた「OPPO Reno A 128GB」(ブルー)が「在庫切れ」になっていたことだ。

 広報に確認したところ、「現在は在庫がないが、順次入荷予定」とのこと。どうしても「OPPO Reno A 128GB」(ブルー)を選びたいなら、少し時間を置いてみると良いかもしれない。もっとも、期限である10月31日までに入荷されるか否かは定かではないので、参考程度にしてほしい。
 
「OPPO Reno A 128GB」(ブルー)は10月15日時点で在庫切れ。
再入荷の予定はあるというが、時期は未定

 端末購入画面では、複数の機種を比較することが可能。細かくスペックごとに検討できるので、迷っている人は試してみてほしい。おサイフケータイやFelicaを利用するために欠かせないNFCや、防水・防じん性能などの有無は、特にチェックしておきたい項目だ。端末の決済方法は、一括・24回払い・48回払いから選ぶ。48回払いは、楽天カードで決済する場合のみ利用できる。
 
端末購入画面では複数の機種を比較できる

 プランと購入する端末を選択したあとは、本人確認書類をアップロードし、支払い方法を選択する。本人確認書類は、運転免許証やマイナンバーカードなどの一般的な身分証明書であればだいたいOKだ。健康保険証・パスポート・住民基本台帳カードは、補助書類が必要となる。支払方法はクレジットカードと口座振替を選べるが、先述した通り、48回払いは楽天カードのみが対象となる。

 続いて選択するのは、電話番号。MNPを予定している人はここで「現在の番号を引き継ぐ(MNP)を選べば良い。MNP予約番号を入力しなければならないので、事前に契約している通信会社に連絡して番号を確認しておこう。新規に電話番号を取得する場合は、指定された三つの番号から選ぶ(無料)、もしくは下4ケタを自分で選択する(1000円)のパターンがある。
 
電話番号は有料で下4ケタを指定することもできる

 配送は、日付と時間帯を指定することができた。最短は10月17日(木)だったので、同日AMを選択。平日なので配送先の住所は会社で受け取れるように変更した。このあと、契約内容の最終確認の画面に飛ぶのだが、問題が発生。「18歳未満の利用者は購入必須です」というポップアップとともに、i-フィルター for マルチデバイスが追加され、削除することができなくなったのだ。
 
「i-フィルター for マルチデバイス」が削除することができないトラブル発生

 i-フィルター for マルチデバイスは、月額300円のオプションサービス。他のサービスが無料とはいえ、加入したくない。しぶしぶ少し前の画面に戻り、再度登録を進めたところ、削除タブが出現したので、ここから削除。なんとか希望通りの内容で登録することができた。原因は不明だが、もし同じ現象が起きた場合は落ち着いて対処してほしい。
 
約30分ほどで手続き完了。
選択・入力すべき項目は結構多かった

 約30分ほどかかったが、これで登録完了。あとは、到着を待つのみとなった。到着後は、新規に端末を購入した場合はすぐに使用することができる。SIMカードのみを購入した場合は指定の端末でアップデートを行い、自分でSIMカードを差し替える必要がある。次回は、到着した端末で実際の通信品質をチェックしてみたいと思うので、続報をお待ちいただきたい。(BCN・大蔵 大輔)