ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、10月8日、家庭用ゲーム機「PlayStation 4(PS4)」のシステムソフトウェアアップデート「バージョン7.00」を実施する。今回のアップデートによって、これまでiOS端末、Xperia、Windows PC、MacでしかできなかったPS4のリモートプレイが、ほかのAndroid端末でも利用できるようになる。

PS4のシステムソフトウェアアップデート「7.00」によってXperia以外のAndroid端末で
リモートプレイが可能になる

 「Android 5.0」以降を搭載したスマートフォンやタブレット端末で、GooglePlayから「PS4 Remote Play」アプリをダウンロードして利用する。Wi-FiでPS4に接続すれば、PS4の画面をモバイル機器に表示可能。画面に表示されるコントローラーを使ってPS4を操作できるほか、ボイスチャットへの参加、キーボードによる文字入力に対応する。

 また、Android 10を搭載した機器なら、「ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)」をBluetoothで接続してリモートプレイに活用することもできる。iPhoneやiPad、MacでDUALSHOCK 4を利用する場合は、iOS 13など、それぞれ最新のOSにアップデートしておく必要がある。

 このほか、バージョン7.00では一つのパーティーに参加できる最大人数が16人に増加。ネットワークの接続性やボイスチャットの音質が改善される。仕様の変更に伴い、異なるバージョンのシステムソフトウェアを使用しているユーザーやPlayStation Vitaを使っているユーザーと一緒に、パーティー/シェアプレイをすることはできない。