シャープは10月12日に、4Kチューナーを内蔵した4K対応液晶テレビ「AQUOS 4K」のスタンダードモデル「BH1シリーズ」3機種を発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は60V型の「4T-C60BH1」が20万円前後、50V型の「4T-C50BH1」が11万円前後、40V型の「4T-C40BH1」が9万円前後の見込み。

(左から)4T-C60BH1、4T-C50BH1、4T-C40BH1

 本体にBS 4K・110度CS4Kチューナー×2基を搭載し、別売のUSB接続外付けHDDを接続すれば、4K放送の視聴中に別の4K放送番組を録画できる。

 映り込みを抑えることで見やすさを高めた「4K低反射液晶パネル」、低域から高域まで臨場感に優れた「バスレフ型スピーカーボックス」を搭載。加えて、60V型は「フロントオープンサウンドシステム」、50V型は「フロントリフレクター」を搭載し、聞き取りやすさを高めている。
 
付属の「シンプルリモコン」

 ボタン数を少なくして文字を見やすくした「シンプルリモコン」が付属。リモコンは、放送の視聴だけでなく、外付けHDD接続時の録画・再生操作にも対応する。音声実用最大出力は20W(10W+10W)。シンプルシリーズのため、インターネット、ホームネットワーク、無線LANなどのネットワーク機能や、2画面表示、「明るさセンサー」には対応していない。