9月2日、ソフトバンクグループとソフトバンク、ヤフーの3社が提供するスマートフォン決済サービス「PayPay」は、公共料金の請求書からバーコードを読み取って支払う「PayPay請求書払い」の提供を開始した。事業者を問わず、支払額の0.5%がPayPayボーナスとして戻る。

 開始当初は、東京ガス/東京電力/東京都水道局/広島ガス/中国電力/九州電力の請求書(払込票)、9月30日(予定)に、現在「Yahoo!マネー」で支払える約300の地方公共団体や事業者の公共料金などの請求書に対応する。さらに今秋以降、より多くの請求書に対応する予定。
 
3ステップでいつでも支払いが完了する

 支払い方法は、LINE Payがすでに提供している「LINE Pay 請求書支払い」と同じ。より分かりやすくなっており、PayPayアプリの「スキャン」をタップし、払込票のバーコードを読み取って「支払う」をタップすると完了する。なお、チャージ済のPayPay残高から支払い、クレジットカード決済は利用できない。PayPayボーナスの付与は支払日の翌月20日前後。