富士通クライアントコンピューティング(FCCL)は、13.3型ワイド(1920×1080ドット)の2-in-1ノートPC「LIFEBOOK MH」シリーズ2機種を7月18日に発売する。ラインアップは、「LIFEBOOK MH75/D2」「LIFEBOOK MH35/D2」の2機種。ファンレスボディーで静かに使用することができる。

スマートフォンのようにスムーズな起動/休止ができる富士通の2-in-1
「LIFEBOOK MH」

 7月10日に開催された発表会で、FCCLの齋藤邦章社長は、「家族それぞれがサッと使えることをコンセプトに据えた。勉強や仕事、遊びなど、これからの時代、PCはさまざまな使われ方が想定される。こうしたニーズに応えるため、多彩な機能を備えている」と新製品を紹介した。

 大きな特徴は、電力消費を抑えながらスマートフォン(スマホ)のように高速で起動することができる「モダンスタンバイ」機能だ。ボタン一つでスタンバイ状態に移行することができ、ボタン一つで瞬く間に起動する。スタンバイ状態でのメッセージ受信や音楽再生にも対応する。
 
モダンスタンバイの魅力を説明するFCCLの
齋藤邦章社長

 画面には、発色が鮮やかで高輝度・広視野角のIGZO液晶を搭載。ボディはコンパクトでもフルサイズのキーボードを搭載したことで、優れた操作性を備える。

 上位モデルのLIFEBOOK MH75/D2は、通常のPCとしてはもちろん、画面を折り返して机に立てて置けるテントモードに対応。タブレット端末としても利用することができる。また、ペンや指タッチの操作にも対応。家中、どこでもマルチに使える。

PR


 MH75/D2は、CPUがCore i5-8200Yで、メモリが8GB、ストレージが256GBのSSD、重さが約1.24kg、バッテリー駆動時間が13.8時間。実勢価格は17万円強となる。MH35/D2は、CPUがCeleron 3965Yで、メモリが4GB、ストレージが256GBのSSD、タッチ操作に対応せずコンバーチブルのみで、バッテリ駆動時間が10.5時間。実勢価格が13万円弱と、機能を厳選した分、手の届きやすい価格になっている。