ソフトバンクは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォン「Xperia 1」を6月14日に発売する。カラーは、パープル、ホワイト、ブラックの3色。

Xperia 1

 世界で初めて4K HDRに対応した解像度3840×1644、約6.5インチの有機ELディスプレイを搭載。ソニーの薄型テレビ「ブラビア」で培った映像技術と21:9のシネマワイドディスプレイによって迫力ある映像を楽しめる。

 最大の特徴は、有効画素数約1220万画素×3のトリプルレンズカメラ(標準・望遠・超広角)と、スマホでは世界初となる、瞳を検出してフォーカスを合わせる「瞳AF(オートフォーカス)」。1秒間に10コマの高速連写にも追従するオートフォーカスと自動露出機能で、動いている被写体でもピントや明るさが自動で調整された写真を撮ることができる。また、映画のような高品質の動画が撮影できる機能「Cinema Pro(シネマプロ)」を搭載する。

 このほか、CPUにオクタコアのSDM855、メモリ6GB、64GBのストレージ、約800万画素のサブカメラを搭載し、最大512GBのメディアに対応したmicroSDXCカードスロットを備える。OSはAndroid 9。

 360度あらゆる方向から音が流れる「ドルビーアトモス」、フルセグ/ワンセグ、IPX5の防水・IPX8/IP6Xの防じんにも対応。サイズは幅72.0×高さ167.0×奥行き8.2mmで、重さは約178g。

 なお、2019年夏モデルの「AQUOS R3」「Xperia 1」「arrows U」「LG K50」と、18年11月9日に発売した「Xperia XZ3」の購入者を対象に、PayPay残高をプレゼントするキャンペーンを実施している。
 
応募するともれなくPayPay残高がもらえる

 「Xperia 1」を購入して応募すると、もれなく5000円相当のPayPay残高がもらえる。さらに、抽選で500名に2万円相当のPayPay残高が当たる。対象購入期間は6月14日~7月31日、応募期間は6月14日~8月7日23時59分。