ソフトバンクは2019年夏商戦向け新製品として、スマートフォン「AQUOS R3」「Xperia 1」「arrows U」「LG K50」の4機種、タブレット端末「Lenovo TAB5」、従来型携帯電話「かんたん携帯10」、モバイルWi-Fiルータ「Pocket WiFi 802ZT」を5月下旬から順次発売する。

2019年夏モデル

 Androidスマートフォンのラインアップを強化し、シニア向けの「かんたん携帯」シリーズでは16年2月発売の前機種「かんたん携帯9」よりもバッテリー容量を増やした新モデルを追加した。
 
モデルチェンジしたケータイ「かんたん携帯10」

 7月下旬以降に発売する「Pocket WiFi 802ZT」は、シリーズ最速となる下り最大988Mbpsの高速通信に対応。キャリアアグリゲーションや4×4 MIMO、256QAM技術に対応している。最大同時接続台数は16台。
 
Pocket WiFi史上最速の「Pocket WiFi 802ZT」

 スマートフォン決済サービスを提供するPayPayと各メーカーの共同キャンペーンとして、専用ページから応募すると、もれなく5000円または3000円相当の「PayPayボーナス」をプレゼントする「スマホ買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン」を実施する。対象機種は、夏モデルのスマートフォン4機種と、18年11月9日に発売したソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia XZ3」の計5機種。

 さらに、「AQUOS R3」は抽選で100名に1万5000円相当の「PayPayボーナス」を用意。「Xperia 1」「Xperia XZ3」では2機種合わせて抽選で500名に2万円相当の「PayPayボーナス」をプレゼントする。

 応募受付期間は、それぞれ発売日から「AQUOS R3」は7月7日、「Xperia 1」「LG K50」は8月7日、「arrows U」は8月10日まで。「Xperia XZ3」は、購入・応募受付期間ともに6月中旬~7月31日。詳細はPayPayのキャンペーンサイトで紹介している。