インドのOYO(オヨ)とヤフーの合弁会社のOYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPANは3月28日に、スマートフォン一つで物件探しから入居まで可能で、数日間の試し住みが可能な日本初のアパートメント(賃貸)サービス「OYO LIFE」を開始した。まずは首都圏のみで展開し、順次拡大する予定。

 あわせて、「OYO LIFE」入居者向けサービス「OYO PASSPORT」、東京都内で「OYO LIFE」の物件を紹介するリアル店舗「OYO Partner不動産」の提供を開始した。
 
「旅するように暮らす」ライフスタイル商品と位置付ける「OYO LIFE」

 2月20日のサービス発表以来、1万3000名を超えるユーザーが事前登録するなど、大きな注目を集めている「OYO LIFE」。旧態依然の不動産業界を変える、「黒船」上陸とみる動きもある。サービスサイト上で住みたい物件を探し、自身のライフスタイルに合ったエリアで「旅するように暮らす」スタイルを手軽に楽しめる、ライフスタイル商品という位置づけだ。「試し住み」に関しても、徐々に検証しながら年内に実施予定。

 「OYO LIFE」で物件を借りる際は、一般的な敷金・礼金・仲介手数料はかからないため、初期費用を抑えられる(退去時の清掃費は必要)。最短翌日に入居でき、家具・家電、Wi-Fi完備なので、カバン一つで住み始められるのもメリット。最短31日~90日以内のショートステイなら、予約・契約・支払いは全てオンライン上で完結する。
 
「OYO LIFE」と、一般的な賃貸住宅との違い

 1R以上の物件の居室設備は、洗濯機、電子レンジ、冷蔵庫、ケトル、ローテーブル、寝具、マットレス、シーツ、枕、枕カバー、布団、布団カバー、鏡、ランプ、掃除機、ハンガー、カーテン、Wi-Fi(テレビ、ドライヤー、食器類、鍋類は物件により異なる)。入居・月額費用の目安は、マンションタイプが10万円~100万円、一軒家タイプが30万円~100万円、シェアハウスタイプが5万円~9万円。

 あわせてスタートした「OYO PASSPORT」は、「OYO LIFE」の入居者に対して、提携パートナー企業の家事代行サービスやカーシェアリングといったサブスクリプションサービスを、入居後1か月間無料提供するサービス。今後、「OYO PASSPROT」参画企業を募り、さらにサービスを充実させる。

 「OYO Partner不動産」は、「OYO LIFE」の物件を取り扱う不動産パートナーとの提携によって、街の不動産店舗で「OYO LIFE」の物件を紹介するサービス。すでに六本木や麻布十番など、都内を中心に30店舗を展開しており、今後も順次拡大していく。