シャープは、Ultra HD Blu-rayに対応したブルーレイディスク(BD)レコーダー2機種を3月29日に、2K対応のBDレコーダー4機種を3月8日にそれぞれ発売する。AQUOSリモコンやスマートスピーカー、スマートフォンのアプリと連携して、簡単な操作や録画した番組の検索を声でできる機能を搭載している。

シャープは声で操作できるBDレコーダーを発売する

 近年のBDレコーダーは、ハードディスクの大容量化や自動録画機能の充実で録画する機会が多くなった。一方で、録画する番組が増えた分、目的の番組を手動で探す手間が増えているのも事実。シャープは、この手間を省くために、声で検索する機能をとりいれた。
 
シャープの調査でも、全てを見切れないほど録画番組が増えているとの結果が出た


 例えば、「最新の○○(番組名)を再生して」や「最初から再生して」「20分飛ばして」などの声に反応し、操作が可能。また、「○○(ジャンル名やタレント名)を探して」など、声による検索にも対応する。
 
録画した番組を声で検索できる

 BDレコーダーをAQUOSやスマートスピーカーと同一のネットワーク上に接続し、LAN設定する。そして、スマートフォンに無料専用アプリ「AQUOSスマートスピーカーコネクト」をインストールし、レコーダーを登録すれば、声で操作できるようになる。
 
Ultra HD Blu-rayに対応の「2B-C20BT3」

 このほか、番組表で指定したジャンルの番組だけを強調表示する機能や、連続ドラマを自動で4週間分できる「ドラ丸」、見たいシーンだけすぐに見られる「見どころポップアップ」などの機能を搭載する。Ultra HD Blu-rayに対応する2機種は、新4K衛星放送を録画したBDディスクを4Kで再生できる。
 
2K対応の「2B-C10BT1」(上)と「2B-C10BW2」

 税別価格は、Ultra HD Blu-rayに対応の「2B-C20BT3」(容量2TB、内蔵チューナー数3台)が9万円前後、同じく「2B-C10BT3」(1TB、3台)が8万円前後の見込み。2K対応の「2B-C10BT1」(1TB、3台)が7万円前後、同じく「2B-C20BW1」(2TB、2台)が7万円前後、「2B-C10BW1/2(ブラック/ホワイト)」(1TB、2台)が6万円前後、「2B-C05BW1」(500GB、2台)が5万円前後の見込み。