パナソニックは9月28日、「Creative!もっと『家族をつなぐ』暮らし」としてBRレコーダー「おうちクラウドDIGA」4モデルと、ホームネットワークシステム「スマ@ホーム」の「HDペットカメラ」を組み合わせた新しい提案を発表した。

コンシューママーケティングジャパン本部AVC商品部の宮地晋治部長

 BDレコーダーの代表機種でUltra HDブルーレイ再生に対応し、2TBのHDDを搭載するDMR-UBZ2060は10月19日にオープン価格で税抜の実勢価格は9万5000円前後で、「HDペットカメラ KX-HDN205」は12月13日に2万4000円前後で発売する。

 パナソニックのコンシューマーマーケティングジャパン本部AVC商品部の宮地晋治部長は、「スペックを見ながらお父さんが選ぶ、ただのレコーダーではなく、家族をつなぐをコンセプトに、現在の家族が選んで使う新しいレコーダーを提案する」とアピールした。
 
おうちクラウドDIGA DMR-UBZ2060
 
HDペットカメラ KX-HDN205

 黒色で横長のレコーダーが多い中、新製品ではデザインを部屋のインテリアにマッチするホワイトカラーとし、幅215×高さ80×奥行き215mmのコンパクトなサイズを実現した。

 また、外出先からスマートフォンで録画予約したり、外出先で番組視聴や話題のドラマやアニメを番組ニュースから再生・予約したりできるほか、HDペットカメラの動画保存にも対応する。

 おうちクラウドDIGAに取り込んだ写真や動画は、遠くに暮らす家族と共有して楽しめるほか、HDペットカメラで撮影した動画を取り込んでテレビの大画面に映し出すことができる。

 HDペットカメラは、200万画素(フルHD)の画質で、外出先からスマートフォンでペットの様子などを見守ることができる。赤外線センサーと動画検知センサーで動くペットを捉える「自動追尾機能」を搭載することで、ペットの動きを検出した方向にカメラが動く。

 撮影した映像は、おうちクラウドDIGAに選んで保存するほか、自動的に保存するこができ、動画は遠くに暮らす家族などと共有できる。

 なお、DIGAの価格は、HDD容量が3TBのDMR-BRG3060で9万6000円前後、2TBのDMR-BRT2060で8万4000円前後、1TBのDMR-BRT1060で7万1000円前後。