パナソニックは9月18日、LINEアプリやスマートスピーカーから家電を操作できるほか、気象警報や避難情報などの機器管理情報をリアルタイムに通知・表示可能な「住宅機器コントローラー」を開発したと発表した。同機能を搭載した製品は、2019年夏頃に発売する予定。

新開発の住宅機器コントローラー

 ECHONETLite対応の住宅機器コントローラーを「LINE」と連携させ、使い勝手を高めた。LINEアプリを使って外出先から自宅のエアコンや照明を操作できるほか、家電や電気錠の状態、自宅の発電状況などを簡単に確認できる。さらに、LINEアプリを通じて「今から帰るよ」といったメッセージを送受信し、住宅機器コントローラーの画面にメッセージを表示することもできる。
 
「LINE」との連携によってより便利に

 このほか、レスキューナウからのコンテンツ提供・運用協力を得て、居住地域の気象情報や災害情報、避難勧告・避難指示情報など、住宅や生活の安全・安心に関わる情報や、鉄道の遅延情報や断水・停電といったインフラの状態、ライフラインに関する情報を本体のモニタにリアルタイムに通知・表示する「安心アラート」機能を新たに搭載する。
 
「安心アラート」機能による通知情報

 また、IoTプラットフォーム連携サービスに対応しており、ユーザーがあらかじめ「条件」と対応する動作を設定しておくことで、スマートスピーカーやスマートフォンの位置情報などと連携して住宅機器コントローラーに接続した機器を操作。この機器を中核に、好みの生活スタイルに合わせたIoTハウスが実現する。
 
IoTプラットフォーム連携サービスによる連携イメージ

 パナソニックは、新たなネットワーク機能を搭載し、進化した住宅機器コントローラーで家電がつながることによる新たな価値と、安心・快適な生活を提案していく。