モバイル決済サービスの「PayPay」を提供するPayPayは2月4日、東京・紀尾井町で会見を開き、2月12日から5月31日まで「100億円キャンペーン」の第2弾を実施すると発表した。第1弾と同様に、「PayPay」を利用した会計金額の20%、もしくは抽選で全額を還元。上限金額に達し次第終了する。

PayPayの「100億円キャンペーン」が再び実施される

 「PayPay」は、昨年12月にも支払額の20%、もしくは全額を還元する「100億円あげちゃうキャンペーン」を実施。利用者が殺到し、当初の予定より大幅に終了が早まった。これを受けて、発表会に登壇したPayPayの中山一郎社長執行役員CEOは、「今回は、より多くのユーザーに日常的に長く使っていただきたい」と狙いを語った。
 
PayPayの中山一郎社長執行役員CEO

 前回のキャンペーンとの違いは、20%と全額還元のどちらでも、1回の会計に付与する「PayPay残高」の上限は1000円相当。全額還元は、10回に1回で、Yahoo!プレミアム会員は5回に1回となる。また、Yahoo!JAPANカードで支払うと19%、その他のクレジットカードで10%の還元となる。なお、期間中の付与上限は5万円相当で、全額還元は別枠で2万円相当を上限としている。
 
前回との変更点
 
キャンペーンの対象店舗

 発表会に登壇した、PayPayの中山社長は、前回のキャンペーンの効果について、「サービス開始4カ月でユーザー数は400万人を突破した他、加盟店も10倍になったなど、大きな成果を得られた」とした上で、「一方、システム障害やクレジットカードの不正利用があり、課題も残った」と振り返った。「今回のキャンペーンでは、不正利用がないように臨む」という。