アップルが2018年にリリースした「iPhone XS/XS Max/XR」専用のアクセサリーとして、バッテリーを内蔵する「Smart Battery Case」を発売した。今回はiPhone XS用のケースを手に入れたのでレビューしたいと思う。

アップルが「iPhone XS/XS Max/XR」専用のバッテリーを内蔵するSmart Battery Caseを発売。
iPhone XS版の製品を試してみた

 国内ではスマホを充電させてくれるカフェや公共施設も増えてきたが、特に慣れない土地に出張や旅行のため出かける際には、外出中にスマホの電源が切れてしまわないか不安が付きまとうものだ。

 最近はスマホに内蔵されているカメラの性能がとても良いので、子どもの卒業・入学式、運動会など大事なイベントもスマホで満足できる動画が残せる。いざというときに備え、スマホのバッテリーが尽きないよう、常にモバイルバッテリーとケーブルをセットにして持ち歩いている人も多く見かける。しかし、Smart Battery Caseがあれば、ほかのアクセサリーを持ち歩かなくても済む。スマホに装着することでスマートに使いこなせるというわけだ。
 
ケースを装着しても左右の幅はほとんど広がらない。
片手持ちでの文字入力も感覚は変わらない

 アップル純正のSmart Battery CaseはiPhone 6/6s、iPhone 7に対応する製品が発売されていたが、iPhone 8とiPhone Xのものはなかった。新しいiPhoneに乗り換えたユーザーには待望の製品かもしれない。

 新しい3機種のiPhoneに対応するSmart Battery Caseの価格はいずれも税別1万4800円。カラバリはホワイトとブラックの2色だ。表側は滑らかな手触りのシリコン、裏地の素材はiPhoneを傷つけないようにマイクロファイバー。
 
ケースとiPhone XSを並べてみる。
ケースの内側はマイクロファイバーがクッション代わりになっている

 ケースはバッテリーセルよりも上側がしなやかに折れ曲がるので、こちら側からiPhoneを挿し込んでLightning端子に装着する。ケースをかぶせた後もiPhoneのボタンのクリック感や反応は変わらず。スピーカーの音道を塞がないように孔も開けられている。
 
本体を側面から見るとバッテリーセルの箇所が少し盛り上がっている。
バッテリーセルの部分の凹凸がひっかかりになって持ちやすい
 
Lightning端子やスピーカーの穴を塞がないようにケースもデザインされている。
ケースを充電するとオレンジ色のランプが光る
 
ケースの上側をずらしてiPhoneを滑り込ませるように装着する

 バッテリーセルの容量は非公開だが、タスクの種類によって連続して使える最大駆動時間の目安は紹介されている。最も長時間のiPhone XRのSmart Battery Caseは通話39時間/インターネット22時間/動画27時間という内訳。XS Maxのケースは通話37時間/インターネット20時間/動画25時間、XSのケースが通話33時間/インターネット21時間/動画25時間。

 バッテリーの残量はロック画面と通知センターに、iPhone本体のバッテリー残量とともに表示が出る。
 
ケースとiPhoneの残量が通知に表示される

 ケースをフル充電にしてからiPhone XSに装着して、バッテリーがどれぐらいのスピードで減っていくのかテストしてみた。インターネットブラウジングやメール、SNSなどをチェックするなど、特別なことをせずに使う限りではケースのバッテリーだけで軽く丸一日持ちこたえた。iPhoneのバッテリー残量は100%のままだ。Netflixの動画を30分ほど再生したり、カメラを起動して4K/60p動画を3分間撮影してみたところ、それぞれケースのバッテリーが3%ほど減った。とにかくタフに使えることに変わりはない。

 ケース装着時はiPhoneのバッテリーを100%に保つことが優先されるようだ。iPhoneのバッテリーが100%に到達するまではケースから積極的にバッテリーが供給される。

 ケースの質量はそれなりにあるものの、別途モバイルバッテリーとケーブルを持ち歩く手間を考えれば、iPhoneが片手で扱えるのでポータビリティは犠牲にならないと考えるべきだろう。ケースを付けることによって画面左右の幅が広がることもないので、電車の中でつり革を掴んで片手持ちで操作もできる

 2018年発売のiPhoneはどの機種もワイヤレスチャージに対応していることが特徴だ。Smart Battery Caseは装着したままでもQi対応のワイヤレス充電パッドに置いて、iPhoneとケースの両方を同時にチャージできるすぐれものだ。
 
Qi規格に対応する充電パッドに乗せるとiPhoneとケースが両方一変に充電される

 もちろんケースの底部にあるLightning端子にケーブルを装着して、充電アダプターを使ったりMacに接続して充電してもいい。さらにUSB-PD対応の充電器を使えばスピードチャージも可能だ。Lightning直結タイプのイヤホンをケースに接続して音楽を聴くこともできた。

 iPhone XSのケースを、サイズやデザインが変わらないiPhone Xで使うこともできるのだろうか。実験してみたところiPhoneのチャージはできた。ただケースをiPhone Xに装着した状態でiTunesに接続すると、このiPhoneを使うためにソフトウェアアップデートが必要であるというアラートが画面に表示される。更新ファイルが存在しないため、iTunesとの同期ができなかった。ケースを付けたままでのワイヤレスチャージやイヤホンリスニングはiPhone Xもできた。
 
Lightning直結のイヤホンを挿すとそのまま音楽再生が楽しめた

 最新のiPhone XS/XS Max/XRに対応するSmart Battery Caseは、日中は外に出てばかりでiPhoneのチャージが思うようにできず、やきもきすることの多い方には必携のアイテムだ。望むらくはiPhone XRのカラバリに合わせたケースもぜひラインナップに加えてほしいと思うが、早めに手に入れても損はないだろう。(フリーライター・山本 敦)