スマート家電リモコンが進化、重さとサイズが半分の「RS-WFIREX4」

新製品

2019/01/20 13:00

 SB C&S(旧・ソフトバンク コマース&サービス)は、スマート家電リモコン「RS-WFIREX4」を家電量販店Amazon.co.jpなどで1月25日に発売する。なお、発売に先立って「SoftBank SELECTION」のオンラインショップで予約受付を1月21日に開始する。税込の販売価格は7560円。

RS-WFIREX4

 RS-WFIREX4は、ラトックシステムが開発。宅内のWi-Fi環境に接続し、赤外線で家電製品が操作できるほか、スマートフォンアプリ「スマート家電コントローラ」からの操作、Google アシスタントやAmazon Alexaを搭載したスピーカー、Siriショートカットを利用した音声での操作も可能となっている。
 

 カラーは、前モデル「RS-WFIREX3」がブラックだったのに対し、RS-WFIREX4はホワイト。サイズが前モデルと比較して半分未満(約43%)となったほか、重さが約32gから16gと半減した。一方、赤外線が届く距離は最大20mから30mに拡大。設置方法は、置くだけでなく壁掛けにも対応している。

 前モデルと同様、テレビやエアコンシーリングライト扇風機レコーダーなど、家電製品のリモコンデータとして350種類以上をプリセットし、手動による赤外線リモコンの学習も可能となっている。
 

オススメの記事