ラトックシステムは12月4日に、スマート家電コントローラ「RS-WFIREX3」のiOS用アプリを更新し、「Siriショートカット」に対応した。

Siriショートカットによる操作イメージ

 「RS-WFIREX3」は、スマートフォンやスマートスピーカーからの家電の操作を可能にするスマート家電リモコン。今回のSiriショートカット対応によって、iPhoneやiPadに「Hey Siri」と話しかけて家電を操作できるようになった。

 Siriショートカットは、複数の家電操作や他のサービスを組み合わせて、日常のさまざまなアクションを1つのフレーズで実行するのに適した機能。すべてのリモコンボタンが指定可能で、あらかじめ「家電リモコン」アプリ上でタップしたボタンが選択可能になる。

 複数の操作をワンフレーズで実行したり、iPhoneの機能や天気アプリなど、他のサービスと組み合わせたりすることも可能。ショートカットは音声だけでなく、ホーム画面やウィジェットへの表示にも対応しており、声での操作が難しい場面でも使える。
 
「家電リモコン」アプリでの操作イメージ

 なお、Siriショートカットによる操作は、旧製品「REX-WFIREX2」(出荷完了品)でも利用できる。