日本マイクロソフトは1月22日に、家庭向けMicrosoft Officeの最新バージョン「Office 2019」を発売する。更新不要の永続版Officeとして、ダウンロード版に加え、オンラインショップや家電量販店でPOSA版も販売する。

「Office Home & Business 2019」のPOSAカード

 「Office 2019」共通の特徴として、操作を向上したほか、文章の読み上げなどアクセシビリティを高めた。また、60か国語の相互翻訳に対応した。主な新機能として、PowerPointは、3D画像の表示やアニメーション表示に対応。Excelは、じょうごグラフ、2Dマップグラフといった新しいグラフを追加した。
 
「Excel 2019」のじょうごグラフ(左)と2Dマップグラフのイメージ

 Windows向けスイート製品は、「Word 2019」「Excel 2019」「Outlook 2019」を収録した「Office Personal 2019」、それらに「PowerPoint 2019」「Access 2019」「Publisher 2019」を加えた最上位のバージョン「Office Professional 2019」をラインアップ。PC本体にバンドルするプリインストールPC版のみ、「Office Personal 2019」に「PowerPoint 2019」を追加した「Office Home & Business 2019」も用意する。

 いずれもWinodws 10が必要。POSA版、ダウンロード版の税別参考価格は、「Office Personal 2019」が2万9800円、「Office Home & Business 2019」が3万4800円、「Office Professional 2019」が5万9800円、「Office Professional 2019」の学生・教職員向けバージョン「Office Professional Academic 2019」が2万7800円。

 単体製品は、「Word 2019」「Excel 2019」「Outlook 2019」「PowerPoint 2019」「Access 2019」「Publisher 2019」「Project Standard 2019」「Project Professional 2019」「Visio Standard 2019」「Visio Professional 2019」を、それぞれPOSA版、ダウンロード版で提供する。

 税別参考価格は、「Word 2019」「Excel 2019」「Outlook 2019」「PowerPoint 2019」「Access 2019」「Publisher 2019」が1万4800円、「Project Standard 2019」が7万8800円、「Project Professional 2019」が13万1800円、「Visio Standard 2019」が3万7800円、「Visio Professional 2019」が7万1800円。

 Mac向けには、スイート製品「Office Home & Business 2019」「Office Home & Student 2019 for Mac」、学生・教職員向けバージョン「Office Academic 2019 for Mac」と、単体の「Word 2019」「Excel 2019」「Outlook 2019」「PowerPoint 2019」のPOSA版、ダウンロード版で提供する。

 Mac向けのスイート製品「Office Home & Business 2019」、単体製品の税別参考価格はWindows版と同じ。「Office Home & Student 2019 for Mac」は、「Word 2019」「Excel 2019」「PowerPoint 2019」を収録し、税別参考価格は2万3800円。「Office Academic 2019 for Mac」は「Word 2019」「Excel 2019」「PowerPoint 2019」「Outlook 2019」を収録し、税別参考価格は1万6800円。

 なお、POSA版、ダウンロード版の「Office Home & Business 2019」「Word 2019」「Excel 2019」「Outlook 2019」「PowerPoint 2019」は、同一ユーザーが使用する計2台までのPCにインストールできる。