フォッシルジャパンは12月18日に、最新プロセッサ「Qualcomm Snapdragon Wear 3100 Platform」を搭載したスマートウォッチ「FOSSIL Sport Smartwatch」の先行販売を公式オンラインストア限定で開始した。税別価格は3万6000円。

FOSSIL Sport Smartwatch

 軽量でなめらかなフォルムに、交換可能なシリコンストラップを組み合わせ、24時間以上の長時間のバッテリー駆動を実現した。時間表示のみの省電力モードなら、最大3日使用可能。カラーはカラフルなブラッシュ、グレー、ブラック、ライトブルー、レッド、ネオン、スモーキーブルーの7色。

 OSには進化したWear OS採用し、音楽ストリーミングアプリ「Spotify」など、主要なアプリをプリインストール。本体には心拍センサー、GPS、マイクなどを備え、わずか1時間でほとんどフル充電できる急速充電にも対応する。なお、支払い機能も搭載しているが、日本国内では使用できない。
 
バッテリー寿命の長さを訴求するため、
広告キャンペーンモデルに起用したキャンディス・ハフィン氏

 防水にも対応。アルミニウムとナイロンを使用したケースのサイズは41mmと43mmの2種類で、重さは41mmサイズが25g、43mmサイズが28g。対応OSは、Android 4.4以降(Go edition除く)、iOS 9.3以降。公式オンラインストアに続き、来春から直営店・時計専門店などでも販売する予定。