Shureの日本法人シュア・ジャパンは10月26日、Shure SE高遮音性イヤホン用アクセサリとして、独自設計の専用高性能ヘッドホンアンプを搭載したBluetooth5.0対応高解像度オーディオ プレミアムワイヤレスイヤホンケーブル「RMCE-BT2」を発売した。価格はオープンで、税別実勢価格は1万8800円前後。

「RMCE-BT2」のパッケージと本体

 昨年発売したワイヤレス・イヤホン・アクセサリーケーブル「RMCE-BT1」に続く第2弾。Bluetoothを利用したワイヤレス接続は、ケーブルレスのため便利だが、音質は有線接続に劣る。しかし、イヤホン本体からケーブル部を外すことができる着脱式ケーブルを採用し、リケーブルが楽しめるSE高遮音性イヤホンとRMCE-BT2を組み合わせると、原音に忠実なBluetooth接続が可能になる。

 また、リモート+マイクコントロール機能も備え、接続したイヤホンをヘッドセットとして利用できる。対応機種は、Shure SEイヤホンシリーズMMCXコネクター搭載機種。特に「SE846」や「SE535」など、SE高遮音性イヤホンのハイエンドモデルのパフォーマンスを引き出す。
 
着脱式ケーブルを採用したSE高遮音性イヤホンシリーズ専用

 オーディオコーデックは、一般的なSBC/AACに加え、高音質として知られるQualcomm aptX、aptX HD、aptX Low Latencyまで幅広くサポート。最大通信距離は約10m、連続再生時間は最大10時間。