ここ数年、IT技術を使った新たな金融サービス「FinTech(フィンテック)」に、ベンチャーから大手まで、参入が相次いでいる。通信事業者のNTTドコモは10月17日、2018-19年冬春モデルの発表とともに、自動的に算出したドコモ回線契約者の個々の「信用スコア」を金融機関に提供し、そのスコアをもとに金融機関が審査・融資する「ドコモ レンディングプラットフォーム」を来春開始すると発表した。

 いわゆるフィンテックとなる、「ドコモ レンディングプラットフォーム」の核サービス「ドコモスコアリング」を活用した融資サービス第一弾は、ログインするだけでTポイントが貯まる独自のキャンペーンで知られる新生銀行。具体的には、「新生銀行スマートマネーレンディング」の名称で、19年3月から個人向けの無担保小口融資サービスを開始するという。なお、スコアリング結果の算出・提供は、金融機関に融資サービスを申し込んだ契約者自身の同意のあった場合のみとなる。
 
「ドコモスコアリング」の提供イメージ

 融資サービス利用者向けに、マネーフォワードと提携し、独自のマネー・家計管理アプリ「レンディングマネージャー」を用意。金融機関での借入・返済といった手続きができる機能に加え、登録した銀行口座情報をもとに家計と借入状況を可視化し、最適な返済計画をアドバイスする。さらに、ドコモが提供するdアカウントや「ドコモ口座」などのサービスと連携し、融資金の出金に提携するセブン銀行ATMを利用すると、ドコモ口座アプリを使ってスマホ一つで出金までスムーズにできる仕組みだ。
 
「レンディングマネージャー」の画面イメージ。
「ドコモスコアリング」経由で受けた融資の返済をアドバイスする

ネットとリアルが「信用スコア」でつながる時代に

 ソフトバンクは、みずほ銀行と共同で新会社J.Scoreを立ち上げ、ビッグデータとAI技術を活用した日本初のフィンテックサービス「AIスコア・レンディング」を9月25日に開始した。

 「AIスコア・レンディング」では、融資の可否や融資金額などをAIが判断し、スマホ一つでキャッシングの手続きが完了する。属性だけではなく、貯金の貯まりやすさに影響するライフスタイル・好みや、みずほ銀行・ソフトバンクとの取引状況が判断材料に加えられ、スコアを競うゲームのような感覚で融資が受けられる。詳細はサービスサイトを参照していただきたい。
 
J.Scoreの「AIスコア・レンディング」は一般ユーザー向け。
快適な操作性にこだわったUIで、ゲーム感覚で融資が受けられる

 また、ソフトバンクグループのヤフーは10月10日、信用スコア事業に新規参入すると発表。保有する「Yahoo! JAPAN ID」に紐づくビッグデータをもとに独自のスコアを開発し、そのスコアに基づいた特典プログラムの実施や、パートナー企業のサービス利便性の向上などを図る実証実験を18年内に開始するとしている。

 こうなると、何らかのかたちで、KDDIも、「信用スコア」に関するサービスを提供すると予想される。通信事業者がこぞってフィンテックに取り組む理由は何か? ヒントは、各社とも、次世代移動通信システム「5G」への投資を進めつつ、「通信とライフスタイルの融合」といったスローガンをかかげ、通信インフラにとどまらない、総合サービス企業を目指している点だ。ライフには、当然、保険やマネーが含まれる。

 昨年、単独インタビューしたドコモの担当者は、将来的にキャリアショップは、新車・中古車の販売を中心に保険や付帯サービスを提案するディーラーのように、「相談」や「サービスの体験・体感」を中心とした窓口になると話した。ドコモやYahoo! JAPANの信用スコア事業参入が示すように、まさにいま、サービス転換の途上にあるようだ。
(BCN・嵯峨野 芙美)