日立アプライアンスは10月3日、複数のセンサーで洗剤の種類や衣類の布質、汚れの量、水の硬度や温度、ドラムの中の布動き情報などをセンシングして自動で適した工程で洗濯する「AIお洗濯」機能を搭載したドラム式洗濯乾燥機「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム BD-NX120C(奥行き620mmのスリムタイプ)」を発表。11月17日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は36万円前後の見込み。

「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム BD-NX120C」

 合わせて、幅630mmのスリムタイプ「BD-SX110C」と、タテ型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ BW-DX120C」を同日に発売。「BD-SX110C」の実勢価格は33万円前後、「BW-DX120C」は28万円前後の見込み。

 AIお洗濯では、汚れが多い場合に洗浄力を重視して時間をかけて洗ったり、よくすすげている場合に節水運転したりと、運転設定の手間を省くとともに、忙しい共働き世帯の洗濯作業の時短にも寄与する。

 記者会見では、実際に粉末や液体洗剤の種類の違いや、水の硬度や軟度、汚れの量などをセンサーがセンシングするデモも実施した。
 
センサーによる「AIお洗濯」のセンシングデモの様子

 また、スマートフォン(スマホ)と連携した「コネクテッド家電」の機能として、新たに「ビックドラムアプリ」を用意。「コンシェルジュ機能」をはじめ、洗濯運転の終了やフィルターなどのお手入れ時期をスマホにプッシュ通知する「お知らせ機能」や、取扱説明書や使い方を動画で閲覧できる「サポート機能」などが使える。

 コンシェルジュ機能では、洗濯コースに迷ったときに、スポーツやガーデニングなどユーザーの生活シーンからお勧めのコースを提案してくれる。また、「泥汚れ」「ダウンジャケット」「黄ばみ除去」「おしゃれ着脱水」の4つのコースから、最大3つまでを製品本体にダウンロードできる。よく使うコースをあらかじめ登録しておけば、スマホがなくてもコースを選択できる。専用コースは順次追加されていく予定。

 なお、直径61cm、容積約85Lの大きなドラム槽で、衣類を大きく攪拌しながらたたき洗いをする「ビッグドラム」や、時速約300㎞の高速風を衣類に吹きかけて乾燥する「風アイロン」は従来機種同様に継続して搭載している。

 AIお洗濯は3機種に対応。スマホ連携のビッグドラムアプリは、BD-NX120Cのみの対応となる。