カシオ計算機は、電波ソーラー腕時計「OCEANUS(オシアナス)」から、ブランドカラーのブルーを江戸切子の職人がカットしたサファイア素材のベゼルで美しく表現したBluetooth搭載・10気圧防水の限定モデル「OCW-S4000C-1AJF」を6月8日に発売する。世界限定1500本で、税別価格は20万円。

日本の伝統と先進技術を融合した「OCW-S4000C-1AJF」

 伝統技法を今に伝える江戸切子職人、三代秀石 堀口徹氏とコラボレーションし、サファイアガラスベゼルを採用したモデルが登場する。通常、江戸切子はクリスタルガラスのような硬度の低い素材を使用するが、今回はダイヤモンドに次ぐ硬度のサファイアに、ハンドメイドで一つひとつカッティングを施すという今までにない加工技術に挑戦している。カット面の緻密さと蒸着の色鮮やかな輝きでまったく新しいデザインに仕上げた。

 江戸切子のサファイアガラスベゼルは、朝日が水面に反射する東京の夜明けをイメージして日本伝統の文様のひとつ「千筋」を不連続なパターンで刻み、パーツ加工、カッティング、カラーリングの3つの工程のうち、ホイールを研ぎ直す「目立て」を頻繁に行うなど、とくにカッティングに多くの時間を割いた。
 
美しいサファイア素材のベゼル

 また、省電力タフソーラー、GPS衛星電波と標準電波受信機能による時計単体での時刻修正、Bluetoothを利用したスマートフォンリンクによる時刻修正機能、回転速度の速いデュアルコイルモーターなどを搭載しながら、厚さ11.4mmのスリムケースに収め、「オシアナスマンタ」ならではの薄く美しいフォルムに仕上げている。