カシオ計算機は、タフネス腕時計「G-SHOCK」の35周年を記念し、徹底的に「黒」にこだわった35周年記念スペシャルモデル「BIG BANG BLACK(ビッグバンブラック)」5製品を9月8日に発売する。

201708221052_1.jpg
35周年記念スペシャルモデル

 G-SHOCKのブランドカラーであるブラックをベースカラーに採用。文字板や美錠ボタンは、宇宙誕生前の「無」の状態をイメージさせるマットなブラックで統一し、精悍で強いデザインに仕上げた。ゴールドIP処理を施したケースバックにはエリック・ヘイズによる35thロゴを、遊環には“35”を表現するスターマークを刻印。また、5種類すべての文字板にGSHOCKが誕生した年度を示す「SINCE1983」を配した。
 
201708221052_2.jpg
専用パッケージ(左)と35周年ロゴ(左)

 1983年の誕生以来、「Absolute Toughness」をコンセプトに、タフネスを追求し進化を続けてきたG-SHOCK。35周年の節目を迎え、起源に立ち返り、常識を破壊し、新しい価値を生み出し続ける存在だと高らかに宣言する様を「ビッグバンブラック」で具現化したという。

 税別価格は、タフソーラーを搭載した最上位機種「GW-5035A-1JR」が4万4000円、「GG-1035A-1AJR」が4万3000円、「GA-135A-1AJR」は2万円、「GA-735A-1AJR」は1万9500円、「GA-835A-1AJR」は2万円。G-SHOCKの35周年を記念したWebサイトも公開中で、記念モデルの詳細やイベント・キャペーン情報などを紹介している。