サウジアラビアのマンガプロダクションズと東映アニメーションは、『名探偵コナン』などを手がける静野孔文氏を監督に、『ポケモン』『イナズマイレブン』シリーズの脚本家・冨岡淳広氏をスタッフに迎え、サウジアラビアと日本のコラボレーションによる100分の劇場用アニメ映画の制作をスタートした。新しく出来るサウジアラビアの映画館で上映予定。

201801261033_1.jpg
サウジと日本のコラボアニメ第2弾となる

 両社は、2017年11月に今後アニメ作品を共同制作していく提携を結び、すでにサウジアラビアの民話をもとにしたコラボ第1弾『キコリと宝物』は完成しており、アラブ諸国と日本での放映を待っている。
 
201801261033_2.jpg
(前列左から)冨岡淳広氏、静野孔文氏、
マンガプロダクションズCEOのブカーリ・イサム氏、アルマダホ・アムルCOO

 コラボ第2弾となる新作は、現在、日本・サウジのチームが構想を練っており、ストーリーが具体化した後にサウジアラビアでロケーションを行う予定。完成すると、日本・サウジ間の史上初めてのアニメ映画になる。静野孔文監督は「今まで自分が作り上げてきた映画とは一線を画す映像表現、シナリオ構成、音楽の構成となるように、皆様に驚いてもらえるようにがんばっております」とコメントしている。