HAROiDは、テレビとスマートスピーカーを連携し、テレビで放送されている気になるトピックを声だけで記録可能なテクノロジー「HAROiD Note」を開発し、11月15日から17日まで幕張メッセで開催された、放送と通信の融合に関する展示会「InterBEE CONNECTED」に出展した。

201711201034_1.jpg
「HAROiD Note」の概要

 Alexa Skill「HAROiD Note」は、Amazonが提供するクラウド音声サービス「Amazon Alexa」に対応しており、スマートスピーカー「Amazon Echo」など、Alexa搭載機器に「アレクサ、テレビノートにメモして」などと話しかけることで、CMやCM内の商品の情報を専用サイト「HAROiD Note」に自動的に記録し、PCやスマートフォンから確認できる。

 テレビの新しい可能性を探る実験的サービスであり、初期リリースでは、関東圏のインターネットに接続しているテレビしか使えず、放送局も一部に限られる。また、記録可能な情報はCMに登場する製品のみとなっている。

 今後は機能を順次拡大し、将来的にはCMの情報だけでなく、グルメ番組に登場した店や施設、バックで流れていた曲、ドラマに出演している俳優など、さまざまトピックを記録する機能を提供していく予定。