ハイセンスジャパンは11月13日、FIFAワールドカップ・ロシア大会で、テレビのオフィシャルスポンサーを務めることを記念した4K対応テレビ「World Cup Official TV」を発表した。

201711131455_2.jpg
独自のULED技術を搭載する「World Cup Official TV」

 12月に発売し、2018年限定で販売する。サイズは65型と55型の2サイズで、実勢価格は65型の「HJ65N8000」が25万円前後、55型の「HJ55N8000」が17万円前後の見込み。

 日本展開モデルで初めて独自の高画質ディスプレイ「ULED」を搭載し、パネルにフッ化物蛍光粉末を加えることですぐれた色表現、LEDバックライトをローカルダイミングでエリア別に制御することで際立ったコントラスト、動画の残像感を少なくする映像処理を実現した。フラグシップモデルの位置づけで、7サービスのVODに対応するスマートテレビ機能やフロントスピーカーを備える。(BCNメディア編成部)