家族のテレビの楽しみ方が激変 編集部の3家族で「ブラビア X8500E」を使ってみた

レビュー

2017/11/08 18:00

録画チェック一覧で「時短」効果も

 最後は夫婦共働き2人暮らしの家族。「ブラビア 55X8500E」を使ってみて便利に思ったのが、汎用性の高い音声認識だった。「今日のニュースを録画したい」や「月9のドラマを録画したい」などリモコンのマイクで拾った音声は、「時制+内容+したいこと」で分類したソニー独自のアルゴリズムによって解析される。

 例えば会社に行く前に「今日のスポーツ」とリモコンに話しかけると、その日放送されるスポーツの放映に加えて、スポーツ情報を伝えるニュース番組もピックアップしてくれるので、気になる番組を録画予約してから出かければいい。会社に行く前の忙しい朝の「時短」につながりおすすめだ。

 または、夜に帰ってきたときに「明日のスポーツ」と話しかけると、翌日のスポーツ番組が一斉に表示されるので、見たい番組を録画予約するだけでいい。
 

「今日のスポーツ」と声をかけるとさっそく探し始める
 

今日のスポーツの番組が一覧で表示

 同じように出演者検索も使ってみると便利だ。例えば「タモリが出演している番組」と話しかければ、演者が出ている一週間分の関連番組が表示される。好きな俳優やアイドルを検索ができることを奥様に教えてあげると喜ばれるかもしれない。
 

演者検索の一覧から録画チェックすると便利

 出かけるときは天気もチェックしたい。「今日の天気」と声をかければ地域の天気が表示される。

小さな子どもが喜ぶアプリ

 購入後に常にファームウェアが更新されるAndroid TVなので、新しいアプリが次々と楽しめるのもうれしい。Google Play ストアからダウンロードできるアプリは豊富にそろっている。例えば、「クックパッド」のレシピを大画面で見ながら調理すれば、キッチンにスマホを置くよりも、濡らす心配がなく、はるかに便利だろう。
 

「クックパッド」のホーム画面

 ついついアプリを大量にダウンロードしてしまっても、アプリを探すときのコツを発見。音声で「〇〇のアプリを起動」と発声するのだ。するとアプリが自動で起動する。テレビに電源が入っていなくても、リモコンの数字ボタンを押すだけでテレビが起動する「チャンネルポン機能」などと同じように、気の利いた機能の発見もある。

 最後に、小さな子どもと親子で楽しめるアプリを紹介しよう。それが「どうぶつ実寸図鑑」というソニーが開発したアプリだ。動物や昆虫などがテレビに原寸大で表示される。雨で外出できない日などに自宅で使えば、リビングが動物園に早変わり。目の前に映し出される迫力ある画像に、子どもが喜ぶのは間違いないだろう。
 

大画面だから雨の日は自宅がどうぶつ園に

 「ブラビア 55X8500E」を使った編集部の3家族で共通したのが、インターネットにつながったテレビが、これまでとは違ったテレビの楽しみ方を提供してくれることと、使っているうちに自ら新しい楽しみ方を発見できる喜びだった。


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

 

前へ

オススメの記事