SUGOCA通勤定期券限定「JR九州サブスク」、12月1日スタート

販売戦略

2022/11/29 17:30

 JR九州は、飲食店をはじめとした店舗のリピーターを増やすアプリのプラットフォームを提供するトイポと協同で、12月1日から「JR九州サブスク」の実証実験を開始する。


 「JR九州サブスク」では、SUGOCAの通勤定期券を持っている人を対象に、博多駅構内や福岡都市圏などで利用できるサブスクリプションサービスや割引を提供する。今回の取り組みには、neuet、JR博多シティ、JR九州フードサービス、JR九州ファーストフーズ、ヌルボンが参画する。
サブスクリプションプランのイメージ

 利用方法は、同サービスのポスターやJR九州ホームページの専用二次元コードから「toypo」をダウンロードし、会員登録を行う。「toypo」で希望の商品を選択・購入して利用する。販売期間は、12月1日から来年3月31日まで。サービス提供期間は、12月1日から来年4月30日まで。

 「JR九州サブスク」の商品内容は以下の通り。
サブスクリプション商品の内容
ギャラリーページ

オススメの記事