• ホーム
  • トレンド
  • 腕時計専用自販機?! 梅田ロフトにてタイメックスが“時計缶”に入って12月3日より販売開始!

腕時計専用自販機?! 梅田ロフトにてタイメックスが“時計缶”に入って12月3日より販売開始!

販売戦略

2021/12/03 11:30

 ウエニ貿易は12月3日に、同社が日本総代理店を務める「TIMEX(タイメックス)」の、腕時計専用の自動販売機での販売を開始する。自動販売機は、関西でははじめてとなるオンタイム梅田ロフト店内(大阪府大阪市)に設置される。クラシカルなデジタルウォッチを現代風にアレンジした「TIMEX80(タイメックス・エイティ)」の先行発売が、12月3日~27日の期間に行われる。

時計缶”(左)と腕時計専用の自動販売機

 自動販売機での腕時計販売には、飲料缶のようなスペシャルパッケージの“時計缶”を使用し、レジにて購入した専用コインで購入する。

 TIMEX80は、シンプルで実用的なデザインと機能を備え、80~90年代にブームとなった「Classic Digital」を、モダンな解釈でグラフィカルにアップデートした機種。オンタイム梅田ロフト店にて先行発売されるのはレトロなカラーバリエーションの「TW2V19400」と「TW2V19500」。
 
「TIMEX80」のレトロカラーバージョン

 レトロカラーバージョンでは、液晶回りには80年代に流行したビビッドカラーを採用するとともに、2021年登場のブレスレットを搭載している。価格は9900円。

 さらに、12月3日~26日の期間には、自動販売機で時計を購入した際に、“時計缶”の底に当たりのシールが付いていると、TIMEXオリジナルグッズ(非売品)が当たるキャンペーンを実施する。1等はフォールダブルチェア、2等はウォッチスタンド、3等はボトルホルダーで、予定数に達し次第終了となる。
 
(上から)1等のフォールダブルチェア、2等のウォッチスタンド、3等のボトルホルダー

オススメの記事