• ホーム
  • トレンド
  • クレジットカード&タッチ決済の話題振り返り! 2021年7月のトピックス

クレジットカード&タッチ決済の話題振り返り! 2021年7月のトピックス

販売戦略

2021/08/04 19:00

 多彩な入金方法・支払い方法をウリにしながらも、スマートフォン(スマホ)決済サービスと自社のクレジットカードの組み合わせに限り、還元や抽選の対象となるキャンペーンが増えつつある。そこでクレジットカード会社主催のキャンペーンを含め前月に話題になったクレジット/プリペイドカード関連のトピックスをまとめて紹介したい。

7月はVisaのタッチ決済のキャンペーンが熱かった!

 コンタクトレス決済(非接触型決済)は、サインや暗証番号を入力することなく、対象店舗の専用端末にカードやスマホをタッチするだけでスピーディー・スムーズに支払いできる決済方法。現時点では、コンビニ3社とマクドナルド、一部のドラッグストア、スーパー、カフェチェーンなど対応店舗は限られるが、世界標準の規格であり、今後、さらなる拡大が見込まれている。

 国際カードブランド「Visa」で知られるビザ・ワールドワイド・ジャパンは、iPhoneユーザー向けに「マクドナルドでVisaのApple Payを使うと20%キャッシュバック!」キャンペーンを7月1日から7月21日まで実施。VisaカードのApple Pay対応をマクドナルドの人気を利用してPRした。7月上旬にVisaのApple Payで決済した対象利用者は、既にキャッシュバックが反映されているだろう。
 
カード・スマホで使える「Visaのタッチ決済」の利用方法

 三井住友カードは、Visaブランドの三井住友カードを対象としたキャンペーン「ドトールグループに行けば行くほどオトク!Visaのタッチ決済で使った分だけ!最大2,000円ポイントプレゼント」を7月1日から7月31日まで実施。こちらは、1000円相当または2000円相当オンラインギフトカードを9月頃に送付予定となるため、キャッシュバックはもう少し先だ。
 
三井住友カードのVisaのタッチ決済でお得だった

 この二つのキャンペーンの開始にあわせ、三井住友カードは、主要コンビニ3社とマクドナルドの利用で最大5%ポイント還元となる「三井住友カード ゴールド(NL)」の発行を7月1日に開始。空港ラウンジ無料などのゴールドカード特典が付帯する年会費有料のカードだが、「【SBI証券】カード積立で最大3%Vポイントプレゼント!スタートダッシュキャンペーン!」で、最大6か月間、SBI証券での投信信託購入額(クレジットカード決済による積立額)の2%が還元されるため、年会費のもとは取りやすい。さらに、年間100万円の利用(判定対象外取引あり)を達成すると、翌年以降、ずっと年会費が無料になるため、カードの概要を見て「いいな」と感じる人には極めてお得なカードだ。

「日の出」をイメージした新デザインの三菱UFJカード登場

 三菱UFJニコスは、「MUFGカード」の機能や券面デザインを刷新したクレジットカード「三菱UFJカード」の発行を開始した。三菱UFJカードもまた、非接触IC(国際標準規格TypeA/B)を活用した、コンタクトレス決済機能を搭載(Visa/Mastercardブランド付帯カードのみ)。決済端末にカードをかざすだけで、サインや暗証番号を入力することなく安全・スピーディーに支払いが完了する。
 
13年ぶりにデザインと機能を刷新した三菱UFJカード

 主要クレジットカード各社では、非接触ICの搭載を進めているが、カード名称やデザインを一新していない場合、なかなか話題になりにくい。こうした状況を受けて、エポスカードや三菱UFJニコスのように今後、主力カードのデザインを一新するケースが増えそうだ。
 
SBI証券×三井住友カードは8月もキャンペーンを実施中

 事前のアナウンス通り、ZHDグループの金融事業のPayPayブランド統一の一環として、スマホ決済サービスのPayPayと組み合わせてお得な「ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)」で知られるワイジェイカードは10月1日に本社を東京都港区に移転し、「PayPayカード」に商号変更する予定。PayPayは、まず間違いなく、ヤフーカードを含むPayPayカードとの連携を強化していくと予想される。コード決済を含め、今後のキャッシュレス決済サービス各社の動向に注目だ。(BCN・嵯峨野 芙美)

オススメの記事