• ホーム
  • トレンド
  • スシロー、「夏の三大ネタ祭」! お得でボリューミーな大とろ祭、うなぎ祭、肉祭開催

スシロー、「夏の三大ネタ祭」! お得でボリューミーな大とろ祭、うなぎ祭、肉祭開催

販売戦略

2021/07/20 19:30

 あきんどスシローは、7月21日から、スシローで大人気の「大とろ」を110円で楽しめる“大とろ祭”、さらにスタミナたっぷりの“うなぎ祭”、“肉祭”を同時に楽しめる「夏の三大ネタ祭」を全国のスシローで期間限定で開催する。

スシローの「夏の三大ネタ祭」

 今回の「夏の三大ネタ祭」一番の目玉である“大とろ祭”で提供する「大とろ」は、脂のり抜群な大とろを厳選し、口の中でとろけ出す脂の甘みと旨みを楽しめる逸品。贅沢な大とろを110円で食べられるのは今だけ。

 また、“うなぎ祭”ではバリエーション豊かな商品を取り揃えている。初登場となる「夏だ!スタミナうなぎ盛り(鰻の蒲焼き・うなとろ包み・肝串2本)」は、土用の丑の日に向けて、うなぎを3種類の食べ方で楽しめる豪華な一皿。ふっくらジューシーに仕上がるよう、蒸しと焼きを繰り返し、旨みを凝縮させた“鰻の蒲焼き”や、うなぎの上に、とろろとコクのある黄身醤油をトッピングし海苔で包んで食べる“うなとろ包み”、さらに“肝串”は一尾から一つしか取れない貴重な肝を、香ばしく炭火で焼きあげた逸品となっている。

 このほかにも、うなぎに酢漬けにしたきゅうりをトッピングした「うざく包み」や、うなぎの蒲焼きと牛肉がマッチする新感覚な創作すし「すし屋のうな牛」など、スシローのこだわりが詰まった今しか食べられないうなぎ商品の数々を用意している。

 そして、“肉祭”で注目の「特選松阪牛のにぎり」、「特選神戸牛のにぎり」は、一人でも多くの人に“ブランド牛”を食べてもらえるよう、それぞれの商品を各エリアに分けて用意する。ローストビーフにすることで、上質で口どけの良い脂が楽しめる極上の逸品に仕上げている。

オススメの記事