• ホーム
  • トレンド
  • “職人さんのコンビニ”がコンセプト! ドンキの「情熱職人」が川越にオープン

“職人さんのコンビニ”がコンセプト! ドンキの「情熱職人」が川越にオープン

 ドン・キホーテは、ワークウェア&ユニフォーム専門店「情熱職人 川越店」(埼玉県川越市)を7月9日にオープンする。

ワークウェア&ユニフォーム専門店
「情熱職人 川越店」がオープン

 「情熱職人」は、“カッコいい職人さん”のためのコーディネートを提案し、“作業着=単なる作業着”という常識を打ち破る業態として2014年にスタート。現在12店舗(宮城県1店、山形県1店、茨城県1店、群馬県1店、埼玉県2店、千葉県1店、東京都2店、神奈川県2店、福井県1店)を展開している。ドン・キホーテと異なり、対面での接客が中心で、主な顧客層である建設や運送業に従事する人に寄り添った商品提案を行っている。

 新たにオープンする「情熱職人 川越店」は、作業着だけでなく、インナーや靴、工具などを取り揃え、必要なものをワンストップで購入できる“職人さんのコンビニ”をコンセプトとしている。また、朝の仕事前でも利用できるよう平日は午前6時から営業する。

 同店では、作業着の品揃えを強化しており、デザイン性の高い作業着のほかにも、人気の高いコンプレッションウェアや、これからの時期に需要の高まるファン付きウェアなど、トレンド性の高い商品も多く取り揃えている。さらに、安全靴は地域最安値を目指し、「情熱職人」の首都圏店舗では最大級となる約300アイテムの豊富な品揃えとなっている。

オススメの記事