• ホーム
  • トレンド
  • 先着30万申込限定、PayPay銀行の新規口座開設で普通預金金利を2.0%上乗せ

先着30万申込限定、PayPay銀行の新規口座開設で普通預金金利を2.0%上乗せ

販売戦略

2021/05/20 19:00

 PayPay銀行は、5月20日以降に新規口座開設を申し込んだ先着30万人のうち、条件を満たした人に通常の普通預金金利に2.0%上乗せする特別金利キャンペーンを実施する。対象口座開設期間は6月19日までだが、先着30万人に達し次第終了する。

新規口座開設限定の特別金利キャンペーン

 現在、史上最低水準の低金利が続いており、普通預金では0.001%(PayPay銀行、5月20日現在)と、極めて低い。その通常の普通預金金利に加えて、年利で2.0%(税引前)の特別金利を付与する。さらに、通常はATM出金手数料が月1回無料のところ、条件達成月の翌々月は月3回無料とする。付与対象預金上限額は20万円(月間平均残高)、特典付与期間は21年7月~22年6月の最大1年間。

 条件は、開設した口座で月1回以上「給与を受け取る」または「一度に10万円以上の他の金融機関からの振込入金(ATMからの入金は対象外)」と、開設した口座をスマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」のチャージ用口座に登録することの二つ。月ごとに判定し、未達成の月は特典の付与はない。特別金利の1カ月分の利息は、条件達成の翌月15日にPayPay銀行の普通預金口座へ入金する。

 ジャパンネット銀行から今年4月に商号を変更したPayPay銀行は、Zホールディングスグループとの連携を強化し、スマホユーザーの暮らしをより便利にし、スマホで日本一使われる銀行を目指している。今回の特別金利キャンペーンは、その取り組みの一環。

 またPayPayとPayPay銀行は6月15日~30日に、対象のドラッグストアで抽選によって最大全額が戻ってくる「PayPay銀行限定!ドラッグストアジャンボキャンペーン」を実施する。

 このキャンペーンの条件は、PayPay銀行の口座を2021年5月31日時点でPayPayに登録していること。PayPay銀行は、スマホのカメラを利用して最短当日に口座開設が可能なので、特別金利キャンペーンとPayPayのキャンペーンの両方の適用にまだ間に合う。

オススメの記事