• ホーム
  • トレンド
  • セブン‐イレブンなど5社、自律走行型配送ロボットによる屋内商品配送の実証実験

セブン‐イレブンなど5社、自律走行型配送ロボットによる屋内商品配送の実証実験

 セブン‐イレブン・ジャパン、アスラテック、ソフトバンクは、三菱電機と東急不動産の協力のもと、ソフトバンクの本社が入居する東京ポートシティ竹芝オフィスタワーで、自律走行型配送ロボット「RICE(ライス)」を使用してセブン‐イレブンの商品を配送する実証実験を4月21日に本格的に開始した。

「RICE」による商品配送イメージ

 セブン‐イレブン・ジャパン、アスラテック、ソフトバンクは、ソフトバンクの社員が「セブン‐イレブンネットコンビニ」で注文した商品をRICEで東京ポートシティ竹芝オフィスタワー内のセブン‐イレブン店舗から、同じフロアの指定された場所まで配送する実証実験を1月18日から試験的に行っている。

 今回開始された実証実験では、RICEとエレベーターを連携させ、他のフロアへの配送を開始する。
 
注文~配送~受け取りまでのイメージ

 実証実験では、セブン‐イレブン・ジャパンが「セブン‐イレブンネットコンビニ」の提供とRICEへの商品積載などの店舗におけるオペレーション、アスラテックがRICEの提供と技術支援、ソフトバンクが社員による配送サービスの利用と検証、三菱電機がエレベーターを活用したロボットのフロア間移動を実現するIoTプラットフォーム「Ville-feuille(ヴィルフィーユ)」の提供、東急不動産が実証実験場所の提供を、それぞれ担当している。

オススメの記事