• ホーム
  • トレンド
  • 自動宅配ロボットによる複数店舗からのデリバリー実証実験へ、佃・月島エリアで

自動宅配ロボットによる複数店舗からのデリバリー実証実験へ、佃・月島エリアで

販売戦略

2021/01/28 18:30

 ENEOSホールディングス、ZMP、エニキャリは、東京都中央区佃・月島エリアで自動宅配ロボットを活用したデリバリー実証実験を2月8日~26日に実施する。飲食店やコンビニなど、対象エリアのパートナー企業10社・10店舗の商品を対象顧客にデリバリーする。なお、複数店舗の商品を自動宅配ロボットでデリバリーする取り組みは国内初となる。


 実証実験では、ENEOSとエニキャリで共同構築する受注・集荷・決済などのプラットフォーム運営と、対象となる住民からの受注、ロボットを活用した配送を行う。また、ロボットの充電・デリバリー拠点として、東新エナジーの協力で「Dr.Drive月島SS」にZMP製の自動宅配ロボット「デリロ(DeliRo)」を配備する。

オススメの記事