楽天とECサイト「京東商城(JD.com)」を運営する中国の京東集団は2月21日、楽天が日本国内で構築する無人配送ソリューションに京東集団のドローンと地上配送ロボット(UGV=Unmanned Ground Vehicle)を導入することに合意した。

ドローン(左)とUGV

 今回の合意に基づいて、両社は連携。楽天が持つドローン配送の運用ノウハウや専用ショッピングアプリなどのITソリューションと、中国国内で多くの実績がある京東集団のドローンとUGVを組み合わせて、無人配送サービスの構築に向けた取り組みを進めていく。

 楽天は、2016年にドローン配送が可能なサービス「楽天ドローン」を開始し、企業や自治体と連携した実証実験や試験的なサービス提供を通じて実績を重ねている。18年には、ドローンとUGVを組み合わせた配送実験を初めて実施した。

 一方、京東集団は15年にドローン開発に着手。16年に、江蘇省、陝西省などの中国農村部で世界初の商用ドローン配送を開始し、これまでに40万分以上の配達飛行を行ってきた。19年1月に、インドネシアで初となる政府承認ドローン試験飛行の成功を発表、インドネシアと東南アジアの商用ドローン基盤を構築した。

 また、京東集団が17年に発表した宅配用のUGVは複数の大学で導入となり、現在、一部の都市で運行。18年11月に、中国長沙市、フフホト市に中国初の「無人配送車スマート配送ステーション」を設立している。