• ホーム
  • 業界動向
  • ビックカメラ、ドローン「AEROBO」発売、有楽町店で小売初の店頭展示も

ビックカメラ、ドローン「AEROBO」発売、有楽町店で小売初の店頭展示も

販売戦略

2018/09/26 10:30

 ビックカメラは、測量や点検に用途を特化したエアロセンスの産業用ドローンAEROBO(エアロボ)」のソリューションパッケージ販売を9月26日に開始した。有楽町店では、小売初となるエアロボの店頭展示も実施している。

ビックカメラ有楽町店の店頭展示

 エアロボのソリューションパッケージでは、ドローン本体に加えてGPS搭載対空標識や高速自動データ処理クラウドサービス、利用方法の研修受講や機体破損の保障などがセットにしている。パッケージ化したことで、パッケージ内容の単品購入に比べて価格が55万円ほど安くなっている。

 公共工事の現場では今後、測量業務にドローンなどが活用されることが増えることが見込まれている。エアロボを導入することによって、工事現場などでドローン測量を行う際の工程ワークフローが全自動となり、利用者が高い精度でドローンを活用した業務を遂行することができる。

オススメの記事