• ホーム
  • 業界動向
  • 『Ghost of Tsushima』映画化決定!監督は「ジョン・ウィック」手掛けたチャド・スタエルスキ氏

『Ghost of Tsushima』映画化決定!監督は「ジョン・ウィック」手掛けたチャド・スタエルスキ氏

販売戦略

2021/03/26 19:30

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは3月26日、米サッカーパンチプロダクションズが開発したPlayStation4用ソフトウェア「Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)」の映画化が決定し、制作が進行していると発表した。

映画化が決定した「Ghost of Tsushima」

 今回の映画化は、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントとのパートナーシップにより実現したもの。監督は、映画「ジョン・ウィック」シリーズのチャド・スタエルスキ氏が担当する。

 サッカーパンチプロダクションズ クリエイティブディレクターのネイト・フォックス氏は、「仁というキャラクターを、『ジョン・ウィック』シリーズを手掛けた映画監督、チャド・スタエルスキ氏に託した。彼の長年の経験に裏打ちされた作品へのビジョンを生かし、これまでにない最高のアクション作品を生み出してくれるはずだ。仁のレーザー級の刀捌きを実写化できる人がいるとすれば、それはチャド・スタエルスキ氏しかいないと思っている」とコメントしている。

 「Ghost of Tsushima」はモンゴルの侵攻から対馬を守る武士の物語。同日、累計実売本数が650万本を突破したこともあわせて発表した。そのうち約半数のプレイヤーが同作を最後までクリアしており、作中の対馬が、約325万回も作中のモンゴル兵から守られたことになるという。

オススメの記事