• ホーム
  • 業界動向
  • ネットワークレコーダー「nasne」、SIE協力でバッファローから復活

ネットワークレコーダー「nasne」、SIE協力でバッファローから復活

販売戦略

2021/03/17 17:00

 バッファローは、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)協力で継承したネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne(ナスネ)」(NS-N100)をAmazon.co.jp内のバッファロー公式ストアで3月末に発売する。税込み価格は2万9800円。

nasne

 nasneは、本体に地デジ/BS・110度CSデジタルチューナーやHDDを搭載。家の中はもちろん、外出先からでも番組の視聴や録画番組が視聴できる。SIEが発売していた従来版のnasneが1TBのHDDを搭載して最大2TBの外付けHDD/SSDに対応していたのに対して、今回バッファローが発売するnasneは2TBのHDDを搭載して最大6TBの外付けHDD/SSDに対応している。

 iPhone/iPad向けアプリ「torne(トルネ) mobile」を使用した場合の視聴画質は、SIE製nasneよりも向上し、HD画質(720p)を実現したほか、Android向けアプリ「torne mobile」にも従来通り対応する。

 なお、2021年末商戦期には、SIEからPlayStation 5用アプリケーション「torne」の配信が予定されており、PlayStation 5でテレビ番組の録画・視聴ができるようになる。

 インターフェースは、1000BASE-T/100BASE-TX準拠の有線LAN端子、地デジ/BS・110度CSデジタルアンテナ入出力、USB 2.0(外付けHDD接続用)を備えている。

オススメの記事