• ホーム
  • 業界動向
  • PS5向け次世代VRシステムは2022年以降、新たなコントローラーも開発中

PS5向け次世代VRシステムは2022年以降、新たなコントローラーも開発中

時事ネタ

2021/02/24 18:30

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、家庭用ゲーム機PlayStation 5向け次世代VRシステムの開発を進めている。ケーブル1本でPS5と接続可能で、高精度のビジュアル体験と同時に、使い勝手も向上。PS4用のVR以上の没入感を体験できるという。

SIEPS5向け次世代VRシステムを開発していると発表した(画像は現行のPS VR)

 技術的革新の中には、新しいVRコントローラーがある。新要素として、DualSense ワイヤレスコントローラーの特徴的機能を搭載し、人間工学も重視したデザインなどがあげられる。VRシステムも新たに開発し、解像度や視野角といったものから、トラッキングや操作方法に至るまで、PS4向けPS VRで培ってきた知見を次世代VRシステムに生かしていく。

 このほか、次世代のVRゲームと体験、そのビジョンの実現に向けて、現在はさまざまな技術を開発している。新しいVRシステムの開発はまだ半ばであり、21年に発売する予定はない。ただ、ゲーム開発者は新しいVRの世界を実現するにあたり、すでに制作に取り掛かっているという。

 現在は、『After the Fall』『Sniper Elite VR』『Humanity』をはじめ、力作のタイトルの数々がPS4、PS5を問わずPS VR向けに開発されている。今後も、原稿のPS VRと開発中の次世代VRシステムを通じて、ゲーム体験としてのバーチャルリアリティを追求していく姿勢だ。

オススメの記事