• ホーム
  • 業界動向
  • 極上オリーブ牛のすき焼きうどんを「Makuake」で、「庵主のごちそう」第1弾

極上オリーブ牛のすき焼きうどんを「Makuake」で、「庵主のごちそう」第1弾

販売戦略

2021/03/17 20:00

 本格さぬきうどんの「亀城庵」を運営する讃匠は、クラウドファンディング「Makuake」で「庵主のごちそう」シリーズの第1弾として「オリーブ牛と国産小麦うどんのすき焼きセット」の先行販売を3月17日に開始した。Makuakeでの特別価格は、オリーブ牛すき焼き500gと国産小麦生うどん4袋セットの4人前で1万1200円など。「超早割」の場合で8200円、「早割」の場合で1万200円となる。

オリーブ牛と国産小麦うどんのすき焼きセット

 オリーブ牛とは、香川県の小豆島で採れたオリーブをエサとして与えた品質の高い牛肉。オリーブにはオレイン酸が多く含まれており、コクがあるのにさっぱりしたヘルシーな上質な脂肪という。うどんは、粘りのあるモチモチした食感の国産小麦薫うどん。割り下は、ブランドいりこ「伊吹いりこ」を使い、「水出し製法」でじっくりと旨味だけを引き出している。

オススメの記事